読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑う門には福来る

2016年10月に女の子(ちびさん)を出産した新米ママ。現在はタイ在住。ちびさんとの日常と漫画・テレビ・音楽について好き勝手に書き綴るブログ。

SMAPのドラマで好きな作品を5つ挙げます【木村拓哉】

スポンサーリンク

木村拓哉 サーフサイドストーリー 6ページ特集 SMAP

いちドラマフリークとして、SMAPのメンバーが出ているドラマで好きだった作品を、5つ挙げていくこのシリーズ。第3回では木村拓哉さんを取り上げます。

  

木村拓哉

国民的ヒットドラマの多い彼の出演作。よく「キムタクは何を演ってもキムタク」と揶揄される彼ですが、それだけ彼個人の存在感が凄いんだと思います。また、テレビ局サイドも、作品からではなく、主演キムタクってところから始めちゃうから似たような役柄になってしまうんじゃないかと。

面白い作品が多すぎて難しかったのですが、個人的に好きな作品ということで、5つ選んでみました。

 

若者のすべて

若者のすべて DVD-BOX

幼馴染男女6人の友情と絆を描いた作品。主演は萩原聖人。実は去年、この作品を見返したんでよく覚えています。木村くん演じる武志の、触れただけで切れてしまいそうな危うさと、性根の優しさが垣間見えて、引き込まれてしまう。そりゃこのドラマを見たらキムタクフィーバーが起きちゃうよ。(あすなろ白書の取手くんで既に起きてましたが)最終話の、哲夫と武志がタバコを吸うシーンがカッコよすぎ。

ちなみに、キャストが豪華すぎてヤバイです。萩原聖人、木村拓哉、鈴木杏樹、深津絵里、武田真治、山口紗弥加、ちょい役で大沢たかおに篠原蝶子…みんな主役級の役者さんばかりです。

 

ロングバケーション

ロングバケーション [DVD]

キムタク人気を不動のものとした一作。私もこのドラマ、大好きです。再放送を含め、何回見たことか…。これぞ元祖・ムズキュンじゃないでしょうか?もう、早くくっついてくれよ!!って。だからこそ最終回の2人のシーンに、もうキュンキュンでした!!主題歌の「LA・LA・LA LOVESONG」を聞くと、今でもドラマの影響なのか胸がドキドキしてしまいます。ひとつひとつのシーンが綺麗で儚くて、不朽の名作です。

 

眠れる森

眠れる森 DVD-BOX

主題歌の「カムフラージュ」とともに流れるタイトルバック映像に、秘密が隠されていると、話題になりました。 木村くんの謎めいた抑えめの演技がとても良かったです。最終回を見た後に、全部伏線が回収されて、すっきりするはずなのに、余韻がずっと抜けなくて。そういえば、最近そんなドラマを見ていないなあ。久しぶりにこういう上質のサスペンスドラマが見たいものです。

 

ビューティフルライフ〜ふたりでいた日々〜

Beautiful Life ビューティフル ライフ ふたりでいた日々 [レンタル落ち] 全6巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

売れない美容師の木村くんと、難病に侵され車椅子生活をしている常盤貴子とのラブストーリー。こちらもロンバケと同じく脚本は北川悦吏子さん。車椅子で街中を疾走するシーンの2人の笑顔が素敵。障害者を描くシリアスな物語ではありますが、常盤貴子さん演じる杏子の明るさと、柊二の優しさのおかげで全く暗いものではありません。「ねえ柊二…」ではじまる杏子のモノローグが毎回切なくて。最終回で柊二が杏子に化粧をするシーンは涙なしでは見られません。 

 

HERO

HERO DVD-BOX (2014年7月放送)

第二弾も良かったですが、第一弾を見たときのインパクトがやっぱり大きかったな。ちょうど受験期でもあったので、周囲に法学部を選ぶ子が一気に増えたのを覚えています(笑) 型破りで正義感の強い、いつも私服の検事、久利生公平をここまで魅力的な人物にしたのは、やっぱり木村くんならでこそではないでしょうか。他の城西支部のメンバーも個性的で皆の真ん中の部屋での掛け合いが好きでした。

 

おわりに

他にも「GOOD LUCK!!」や「プライド」「ギフト」「人生は上々だ」、最近では「アイムホーム」など好きな作品が多くて選ぶのが大変でした。特にギフトは、記憶が途切れ途切れだけど面白かったことは覚えていて、もう一度見たいのにDVD化されていないのが残念…。

「なにを演ってもキムタクはキムタク」と言われますが、やっぱりキムタクのドラマはキムタクにしか演じられませんし、キムタクだからこそ面白かったしヒットしたんだと思います。私は、彼の演技や、台詞の間の取り方はけっこう好きです。

来年1月からは、日曜21時からTBSで「A LIFE〜愛しき人〜」も始まります。相手役は竹内結子さん。「プライド」以来のコンビに期待が高まります。

 

◆ こちらの記事もどうぞ ◆